google-site-verification=tlcKGl_AtwIjC54JaBmnE0jjGMP8TNtE3-q2zPVp6A4
top of page

16骨傘で個性的な傘はいかがですか♪

みなさんこんにちは~!ブログ担当のともです♪

最近は暖かい日が続いておりますね。

と同時に、梅雨の時期も近づいてきているのか、雨の日も多くなってきたような気がします。

世はまさに外出自粛世代!

私などは平日に勤務(仕事内容の都合上リモートはできないのです。。。)、

土日はお休みなので引きこもる生活を送っているのですが・・・。

日曜日に暖かいお出かけ日和を家で過ごしたあと、月曜日いざ出勤!

という時に雨が降るとなんだか遣る瀬無い気分になりますね。

なぜ・・・昨日の暖かい気候なら、通勤途中の家から駅までの獣道も、花を愛でながらルンルンと歩けるのに。

なぜ私は肌寒い中、カバンの中が濡れないよう最新の注意を払いながら無心で歩いているの・・・。

新しい傘でも買って通勤をウキウキ気分にしましょうかしら。

と、無心通勤の中の1割の頭でそんなことを考えていた時に出会ってしまったのです。この傘に・・・。

菊花紋の和柄の傘。パッと花が開いたみたい・・・!

一瞬、「みかん?」と思ったのですが

横から見たらお花だ!!!これはお花!となりました(笑)

お腹空いてたんですね。

ちなみに、お腹が空いている方にはこんなデザインもあるんです♪

スイカ、割っちゃいません????

こだわりポイントは、このちらっと見える真っ赤な身の部分。

シンプルかと思いきや、遊び心のあるテキスタイルで、話題性間違いなしですね。

これは人気者になれそう。。。

こんなキュートな傘、絶対話題に出るじゃないですか。そこからが本番ですよね。

「え?スイカ好き?じゃあ夏スイカ割りとかしようよ!海でも行ってさ!」

はいナンパ成功ですね!夏の予定が決まりました。

あとは某ウイルスの就職を願って、不要な外出を避けるのみですね。

あ、皆様、某ウイルスが収束しないうちは、ナンパしちゃダメですよ。

**********

ここで少し、傘の歴史をご紹介したいと思います〜〜〜!

市場に一番多く出回っているのは、8本の骨の傘です。

というのも、イギリスで傘が初めて開発された時に、強度と重さが適切で合った8骨だったことから、

そのまま定着されたからなんです。

しかし!先ほどご紹介した2本の傘は16骨傘と呼ばれRU、骨の数が多いものとなっています!

豪雨や強風にも負けない耐風傘の強度と,軽量を実現するグラスファイバーの16本骨を採用することで、

骨の数が多くても重さを感じさせない作りとなっております★

軽量ながら直径100cmと大きめで、安心感も忘れません!

ちなみに、内側から見るとこんな感じ。

黒色の骨はサビが目立ちにくく、デザイン性と使いやすさと備えた長傘です( ´∀`)

おすすめですよ〜!

***********

雨の日だからこそ楽しくなるような!個性的な傘ずくりを弊社は応援しております٩( ‘ω’ )و

傘の骨からこだわりのものを作りましょう♪

Comments


bottom of page